• « 2017⁄08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

rumor

最近、ちょっと復活の「GOTH 本郷奏多」の検索ワード。
なぜかしら~?と思っていたら、
どうやら、再開したそうですね、映画v
それはよかった、よかった。
早く映像がみたいなぁ~v
ちゃんと奏多君なのだろうかなぁ~?

いろいろう噂が広がるところですね。


乙一先生噂についてもう一つ。

百瀬、こっちを向いて。百瀬、こっちを向いて。
(2008/05/10)
中田 永一

商品詳細を見る


ってか、乙一先生じゃんという噂の中田永一先生の本が発売されてました。
4篇からなる短編集とのこと。
タイトルにもある「百瀬、こっちを向いて。」は確かに実によかった。
もう一つ読んだことのある「なみうちぎわ」は私的にはイマイチ。
他の2編は評価はイマイチのようですが、読んでみたいと思います。

いつぞやの噂では何故名前を変えたかというと、恋愛小説だからという説を聞いたのですが、実際どうなんでしょうねぇ~
個人的にはとても面白くてありやと思います。
いろいろ手広くやられているのは、乙一先生の中に「乙一像」があるからだろうか?それとも気分転換なのだろうか?
ともあれ、ジョジョ以来、乙一先生の新作を聞いていないので、ちょっと嬉しい話でしたv


話が変わりますが、「百瀬~」。
素敵な装丁ですね。
内容を知っているせいか、「百瀬~」のイメージにピッタリ。
乙一作品は装丁も見ものな物が多いです。
なので、ハードカバーがオススメ。
「GOTH」のハードカバーは、「隠し」をTVで見るまで気付かなかった。
「失われる物語」は新触感
失はれる物語失はれる物語
(2003/12)
乙一

商品詳細を見る

確か女性の装丁家サンだったんですよね。

装丁家さんに注目して本を見るのも面白いですよねぇ~(*^_^*)
23:31 : TVと本とファショントラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。