• « 2017⁄05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

嵌りますよ、本谷さん。

へんなタイトル・・・(^_^;)

本でも読もうと思いまして、図書館へ行ってきました。
6日からの復活図書館、特に何も変わってないでやんの・・・(^_^;)

以前録画していた、本谷有希子さんがゲストのトップランナーを見たものですから、本谷さんに嵌ろうと思いまして、借りてきました。
江利子と絶対―本谷有希子文学大全集 江利子と絶対―本谷有希子文学大全集
本谷 有希子 (2003/10)
講談社

この商品の詳細を見る


タイトルになっている、「江利子と絶対」だけは、読み終えたのですが、なんとも不思議な感じでした・・・(^_^;)
絶対が、かわいい・・♡

本谷さん、彼女をはじめて知ったのは、乙一さんが、結婚する前、ファンの間でうわさになっていたからです。実際一緒に仕事もしていたようですし。野次馬根性丸出しの、エンは、どんな人なの~??と興味津々でした。
ひとり劇団。。エネルギッシュな方ですね。
自分への追い込み方が、すごいなぁ~とトップランナーを見ながら思いました。

生きてるだけで、愛 生きてるだけで、愛
本谷 有希子 (2006/07/28)
新潮社

この商品の詳細を見る

↑これも、よんでみたい。。


あと、

少女七竈と七人の可愛そうな大人 少女七竈と七人の可愛そうな大人
桜庭 一樹 (2006/07)
角川書店

この商品の詳細を見る


死神の精度 死神の精度
伊坂 幸太郎 (2005/06/28)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


この二冊を借りてきました。
桜庭一樹さんの本、以前から、ずーーーーと読みたかったんです。
やっと借りてくることが出来ましたv
そういえば、桜庭さん、なにか賞を取られてましたねぇ~。。

伊坂さんの本、映画化決定の分です。
最近、伊坂作品が映像化というのが、多いですね。
乙一作品も、多いなと思うけど・・。
そして、次に山田悠介さん、きますよ、きっと。
同じようなにおいがする・・・(笑)
15:48 : TVと本とファショントラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。