• « 2017⁄07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

話題の音楽。。

昨年の紅白で歌われた、秋山雅史さんの「千の風になって」が、人気みたいですねぇ~。なんかワイドショーでやってました。。
ぎゃん(ーー;)・・紅白見損ねましたわぁ・・

以前、爆笑問題の学問のススメ(←面白い番組だったのに終わってしまってホントに残念(T_T)/~~~・・)で、新井満さんがゲストの際に、この「千の風になって」の詩を知って以来、しばらく、新井さんの本に嵌ってました。「千の風になって」もいいのですが他のもいろいろ良かった気がします~。・・でも図書館で借りたものなので、もう忘れちゃいました(^_^;)(←意味ないじゃん・・(笑))

そんでもって・・・
「千の風になって」の詩をコピってみました~。

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません

千の風に 千の風になって
あの大きな空を吹き渡っています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません

千の風に 千の風になって
あの大きな空を吹き渡っています

千の風に 千の風になって
あの大きな空を吹き渡っています

あの大きな空を吹き渡っています



大切な人を思った、優しい詩(うた)ですねぇ~

でも、もし自分が大切は人を失ってしまった時はお墓の前で泣いちゃうでしょうね。そこにいると思い、そこにすがりたいと思ってしまうでしょうねぇ~。。
そんな時に周りの誰かがこの詩を差し出してくれたりすると、大きく深呼吸して上を見ることが出来るようになれるんでしょうねぇ~
ホント風が吹き抜けるように何か伝わるものがあるのでしょうねぇ~

そういえば、韓国映画「僕の彼女を紹介します」の最後も風になってたなぁ~・・(゜o゜)。。
01:46 : 日々小言トラックバック(1)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

新井満新井満(あらい まん、昭和21年(1946年)5月7日 - )は日本の小説家。新潟県生まれ。本名満(みつる)新潟明訓高等学校、上智大学法学部卒業。電通に入社し環

2007/01/18(木) 04:08:40 | 玲奈のblog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。