• « 2017⁄06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

2006年・映像作品ベスト10!バトン【映画部門】

まりまさんよりバトンを強奪してきました☆
その名も、「2006年・映像作品ベスト10!バトン」
本当は【アニメ部門】ということでしたが、個人的2006年の映画を振返りたかったので、勝手ながら【映画部門】とさせていただきました☆

「今年自分が見た」が、基準です。
少ないのですが、振返りたいと思います~☆

***


2006年、私的映画ベストテン☆

そもそも。。2006年映画館で見た映画は以下の通りです。
「ナルニア国物語」・「子ぎつねヘレン」・「だ・ヴィンチ・コード」「陽気なギャングが地球を回す」・「間宮兄弟」・「嫌われ松子の一生」・「ウルトラヴァイオレット」・「M・I・Ⅲ」・「ハチミツとクローバー」「パイレーツ・オブ・カリビアン」・「ゲド戦記」・「東京フレンズ」・「涙そうそう」・「シュガー&スパイス」・「イルマーレ」・「ブラック・ダリア」・「プラダを着た悪魔」・「デスノート:後編」
以上、18本から、ベスト10を選びます。
あはぁ・・少ないんで、代10位とか、微妙~って感じになっちゃいますねぇ・・・(^_^;)。。。

では、いっきま~す☆


【第十位】『涙そうそう』
しいていえば・・・
とりあえず、泣ける映画です。


【第九位】『デスノート:後編』
こんなものかなぁ~、という感じですが、面白かったとは思います。
松山ケンイチは、とてもはまり役でよかったですね。
彼の今後がホント楽しみです。Lたん話もあるみたいですしねv


【第八位】『シュガー&スパイス』
予想外に素敵な恋愛映画でした。
最後がよかったから、印象深かったのかもしれません。
ダイアモンド富士、とてもいいですね。一度見に行きたいと思います。


【第七位】『ダ・ヴィンチ・コード』
本を読んでいなかったけど、映画だけで、きちんとストーリーが分かるいい出来になってたと思います。
ストーリー構成は単純だけど、その世界観はとても面白く、引き込まれるものですね。


【第六位】『ナルニア国物語』
ロールプレイをしているような感覚で見ることが出来た映画でした。
映像が本当に素晴らしい。
あと、兄弟4人、本当にかわいいですね。
次作も楽しみですv


【第五位】『プラダを着た悪魔』
メリル・ストリープ、最高v
あの上司のキャラクターが実によく、その元で、アン・ハサウェイは、思い切って役に入りこめたのではないでしょうかね。
時には上級の服を身にまとい、自分のしたいと思うことにまっつぐ突き進もうと改めて考えることの出来た一本でした。


【第四位】『陽気なギャングが地球を回す』
4人の個性強いキャラクターが、絶妙にかみ合って、ロマンを求める姿が、実にいい!
即席のメンツなので、本音・裏切りなど、話が一転二転していくのも見ものですね。
CGの組み方もとても素敵v


【第三位】『パイレーツ・オブ・カリビアン:デッドマンズ・チェスト

細かなアクションが、笑いありで、面白いv
ストーリーはとても単純だが、三人のからみがこれからを含め、すれ違っていく様が、見ていて面白かった。
最後、本当に面白くなってきたので、次作最終章が、楽しみです。


【第二位】『M・I・Ⅲ』
起承転結がはっきりしていて、とても見やすく面白かったです。
アクションは、絶品。
ハリウッド映画らしく、大画面でみるべき!映画ですね。


【第一位】『嫌われ松子の一生』
映像・脚本・演技・文句なし。
とてもストーリーに引き込まれ、日本映画にしては、映画館で見ても惜しくないほど、素晴らしい出来だったと思います。
なによりも、主演:中谷美紀さんが、実によく松子の一生を演じきれていたとおもいます。
松子の一生を追いながら、一歩大人になっていく瑛太役の甥っ子君を含め、脇役が個々にいい味を出していて、良かったと思います。
中谷さん、日本アカデミー賞では、是非主演女優賞を獲得してほしいですね(*^_^*)


以上です~。
来年はもっとたくさん映画館で見たいですね~。

アニメ原作の映画化が、今年結構あったと思いますが、個人的、みれてないのもあるのですが、イマイチだなぁ~と思うのがおおかったので、来年はどうなるのかな~と思っております。
特に長編なアニメを二時間映画にするというのは難しいですよね~
最後をどうもっていくかで、しっかりとした脚本を期待したいと思います~☆
「蟲師」「20世紀少年」は期待大☆

19:48 : 映画トラックバック(0)  コメント(2)

エン

まりま様v
おめでとうございます~☆彡
今年もいろいろとお世話になると思いますが、よろしくおねがいします~m(__)m。。

バトン、強奪の末、バージョンも勝手に変えてしまってすみません~
日本アカデミーのノミネート作品も決まり、個人的に2006の映画を振返りたかったので、このバトンが、最適だったんです~
「嫌われ松子~」は良いですよねぇ~
曲を口ずさむ~>めっちゃ、分かります♪
歌詞も良かったりしますよねぇ~v

2007年の映画を今年の年末、振返ったとき、SEEDがあるのかな~と考えるとドキドキなんですが、是非、公開オフ、したいですね☆彡

2007/01/01(月) 23:54:47 | URL

まりま

お受けとりありがとうございます!
映画バージョンとはナイスアイディアですねv
「嫌われ松子~」は同感です!
あれはすばらしかった~(泣)
「まげて~のばして~♪」の曲を口ずさむ
だけで今もまだぐっときます。

そして最後になりましたが、2006年は
大変お世話になりましたm(_ _)m
2007年も楽しくいっぱいお話できたら
いいなと願っておりますv
素敵な一年を!

2006/12/31(日) 20:06:47 | URL

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。