• « 2017⁄09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

「シュガー&スパイス ~風味絶佳~」

映画「シュガー&スパイス」を見てきました。

甘酸っぱい、素敵な恋愛映画でした~♪
・・・十代に戻りたい・・・・(笑)
音楽も素敵でした~♪
オアシスv 久々にオアシスをゆっくり聞きたくなりました。
ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース リミテッド・エディション(DVD付) ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース リミテッド・エディション(DVD付)
オアシス (2005/11/02)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る



予告は3本。(映画館に着いたのがギリギリだったので、3本分しか見れなかったです(>_<)。)
「手紙」・・東野圭吾原作の作品ですね。また沢尻エリカさんですね。彼女の作品いっぱいですね。
「プラダを着た悪魔」・・メリル・ストリープさん、いいですねぇ~これはちょっと見たいかもv 
「それでもボクはやっていない」・・加瀬君キターー(≧▽≦)♡♡
周防正行監督が電車内痴漢事件を題材に「裁判」をテーマに描く、本格派映画。・・これは、見たいとは思うけど、いろいろとつらいよねぇ~、言葉ひとつが重くて・・・。機会があれば見よう・・でもビデオでもいいかも・・・
加瀬亮君、いいですねぇ~「硫黄島からの手紙」も楽しみだしv出演映画たくさんですねv




風味絶佳ということで、映画を見終わった後、キャラメルが食べたくなりました(*^_^*)ので、早速。。
     syame5.jpg


かなり久々に食べました。
今はアルミ紙なんですねぇ~ 昔は白色の紙やった気がします・・・(@_@??
劇中も、白色の紙やったような気が・・
包み紙で鶴、よく折っていたなぁ~(*^_^*)


感想は余談より・・・


***

「シュガー&スパイス」


 米軍基地に隣接し、アメリカの香りがまだ色濃く残る街・東京―――福生。
ただ毎日を平凡に過ごしている志郎(柳楽優弥)は、高校を卒業した後も「大学に行く必要が無い」と言う理由と、アメリカかぶれのグランマ(夏木マリ)の後押しで、今は“とりあえず”ガソリンスタンドで働いている。
 仕事にもようやく慣れた頃、志郎が働くガソリンスタンドに新しいバイトとして乃里子(沢尻エリカ)が入ってきたことで、志郎はかつて感じたことのない感情を抱くようになる。―――「これが恋・・?」
 ある日、元彼・矢野(高岡蒼甫)とちゃんとケリを付けたいという乃里子に頼まれ、矢野の所へ一緒に行くことになった。それがきっかけで二人はお互いに自分の気持ちに素直になり魅かれあう。志郎は生まれて初めて他人が自分の全てとなった。そして、優しくすることだけが愛だと思っていた。
 クリスマスが近づいたきた頃、乃里子からある提案をされる・・。
        「19になったら、一緒に暮らそう?」
 そんな幸せの中、矢野が乃里子の前に現れた。「お前は俺じゃなきゃだめなんだ」、そう言う矢野に抵抗しながらも、乃里子は隠していた自分の気持ちに気付き始めるのだった。「新しい恋」と「忘れたはずの恋」のはざまで揺れ動く乃里子。そんな乃里子の微妙な変化に気付き始めた志郎は、ただ、彼女を信じて待つことしか出来なかった―――「本当の恋」の意味がわかるまで―――


という、チラシのストーリー。。

甘酸っぱい恋愛物語ですね~。
撮り方がとても丁寧でした。(制作側のかなりこだわりもあったようで・・・)
一人一人の思うことを順序良く、丁寧に描いていて、主人公の志郎視線で話は展開していくのですが、志郎の知らないところで、乃里子は自分の恋愛の相談をグランマとはなしていたりして、志郎が中心でありつつも、時には志郎を引き気味にとっている採り方がとても好きでしたv
柳楽君の、雰囲気がその撮り方にあっているのかなぁ~ あまり強調が強すぎないし。でも深いところで強いものを持っていているから表に出てきたときに存在感があるというか。。 

十代後半に戻って、堕ちる様な恋が、もう一度したくなる映画ですね。
彼女(彼氏)が自分の全てになるなんて、その頃くらいなんじゃないんですかね。

やさしい志郎のもとを結局去った乃里子。彼女の選択という描き方がとてもいいですねぇ~。選択は人それぞれだとは思うけど、乃里子は元彼・矢野のことが全てだったんだろうなぁ~と思いました。
志郎は、失恋したことで、成長していくんでしょうねぇ~


「ダイヤモンド富士」の扱い方が、とてもよかったです。
グランマの思いと乃里子の思いにつながりがあって、映像もとても素敵v




構成・・
大好きな作りですv
ゆっくりと入り込みやすいつくりになっていて、時たま素敵な映像をじっくり堪能できてv 「冷静と情熱のあいだ」のスタッフがほぼなんですが、「冷静と~」より全然よい出来になっていたような気がします。
監督:中江功さん 脚本:水橋文美江さん また、このお二方の作品がみたいですねぇ~
制作に亀山千広さんだ。。いい作品をほんとつくっていきますねぇ~(*^_^*)


キャスト・・
柳楽優弥君・・演技が上手~とはあまり思わないけど(演技だけでみると「星になった少年」のときのほうがよかったなぁ~)、雰囲気がやはりとてもいいですねぇ~ おとなしい役柄が多い気がするので、ちょっと違った雰囲気の役柄での彼も見たいなぁ~と思います。主役ばかりでなく、脇役で~とかね。期待できる役者さんですよ♪
沢尻エリカちゃん・・可愛い・・ホントに可愛い(*^_^*)。富士山を眺めるグランマを見るその表情と、ダイヤモンド富士の思い出を語る表情が、なんともよかったです~。
夏木マリさん・・グランマ。素敵ですvv
チェン・ポーリンさん・・グランマの必需品v やさしくて、器用で、人の思いを尊重できる、いい役で、素敵でしたv 
日本語は、もう少し・・・? 今回の役はそれでいいけど、「暗いところで待ち合わせ」は大丈夫なんだろうか・・・(笑)。
とても人気のある方らしいですねぇ~
大泉洋さん・佐藤二郎さん・・二人の掛け合い、最高vv



以上です~m(__)m。。
00:25 : 映画トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。