• « 2017⁄08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

「涙そうそう」

映画「涙そうそう」を試写会にて見てきました。

超感動!涙ポロポロですよ。。
いやですねぇ~映画館で泣くのは・・人に見られちゃう。。
涙もろいほうなので、いつも恥ずかしい。。化粧もぼろぼろになっちゃうし・・
最後は本当に涙が止まらなくてどうしようかと思いました。
近所の映画館ではなく、街まで出ていて帰りは電車だったので、あまり泣けないと、めっちゃ堪えました。。

見に行かれる予定の方、ハンカチは必ず持参しときましょう。。
素直に感動できるよい作品です。


福岡イムズホール試写会(舞台挨拶付)にての長澤まさみさんの衣装はこんな感じのでした。↓
(モデルは誰やねん??という感じですがスルーしてくださいm(__)m)
     en50.jpg


素敵な鎖骨でした(*´ェ`*)・・・遠くてあまりよく見えなかったけど・・
めちゃくちゃ可愛かったです。何食べたらあんなに綺麗にかわいくなれるんだろうと真剣考えました!
背が高くてうらやまし~ですぅ。。
妻夫木君は、黒ベースに白の水玉のシャツ&ネクタイにジャケット、下は、人の頭であまり見えてなかったけど、ジーンズだったかなぁ~・・ジャケットととのスーツやったかなぁ~・・・忘れました。。
妻夫木君、生では初めて見たのですが、思ったより普通な雰囲気で。。親戚も数人呼んでいて、普通に良い人そうでした。

公開は9月30日より。



感想を続きより書きますが、ネタバレ含みます。。

***

映画「涙そうそう」感想



ひとりぼっちのカオルを、とんなことがあっても守ってあげる――。

 2001年、沖縄。いつか自分の飲食店を出すという夢をもち、ひたむきに生きる働き者の青年・新垣洋太郎(妻夫木聡)。沖縄の青空のように明るく、おおらかな性格の洋太郎だが、この日はいつにも増して陽気で、仕事をしながらたえず笑顔がこぼれている。それもそのはず、洋太郎が誰よりも大切にしている妹のカオル(長澤まさみ)が高校に合格し、オバァと暮らす島を離れ、本島にやって来るのだ。―――洋太郎が8歳の頃、母・光江(小泉今日子)の再婚によって、洋太郎の妹になったカオル。だが、義父は姿を消し、母も幼い兄弟を残して天国に旅立ってしまった。以来、洋太郎は、「カオルはひとりぼっち、どんなことがあっても守ってあげるのよ」との母の遺言を胸に生きてきたのだ―――。
 そして今日から、ふたりは、洋太郎のボロアパートで一緒に暮らし始めるのだ。船着場にカオルを迎えにいく洋太郎は、久しぶりの再会を前に、どこか落ち着きがない。そんな洋太郎を見つけて、満面の笑みで手を振るカオル。無邪気に兄を慕う様子は昔のままだが、16歳になったカオルの大人びた美しさに、洋太郎は驚き、呆然とする。ふたりっきりの兄弟の切なくも儚い小さな歴史が始まった・・・。



という、チラシのストーリ。

ヨータ(洋太郎)の笑顔が可愛くて、とても温かい映画でした。
見る前のイメージでは、兄弟の禁じられた恋等もあるのかなぁ~と思っていたのですが、それはなく、家族・兄弟の強い絆を丁寧に描いた作品でした。
ストーリー構成はとても単純なんですがね、二人の兄弟に重点を置いて、脇役は脇役で控えめな撮り方をされていると思いました。
ヨータが、妹のため、夢のため、とても一生懸命なので、最後の手紙はとても切なくて、涙が止まりませんでした。
送られてきた成人式の着物・・・。構成上はとてもありきたりなパターンなんですが、やはり感動的ですよね。
死者からの贈り物&手紙、泣かずにはいられないシチュエーションです。
最後に着物をきた写真だけではなく、着物を着て、写真を撮るシーンがあってもいいかなぁ~と思ったりもしました。。


土井監督、泣かせてくれますねぇ~。
しかも、ただ泣かせるだけなのではなく、とても人の温かいものを素直に表現し、どこか切なくなる出来事があって、自然に物語りに入り込めて、一緒に泣けるんです。

カオルのセリフで、「にぃにぃのこと大好き」の後の「アイシテルヨ」というセリフ。
脚本家の吉田紀子さんがそのセリフをカタカナで書くことにこだわったと、特番でやっていました。
恋愛の愛してると違う、家族の愛してる・人として愛してるの意味をこめて、普通のあいしてるとは少し違うニュアンスをこめたかったということで、セリフの書き方にもこだわったそうなんですが、このセリフをいうカオル、よかったです。とてもさらりといい、恋愛感情とは別のアイシテルを感じることが出来ました。



キャスト
妻夫木くん・・にぃにぃでしたねぇ~。笑顔がめっちゃ可愛かったです。とてもストレートな演技で大好きですvビバお兄ちゃんv
長澤まさみちゃん・・可愛いです~。演技も素敵だけど、やはりみててとても可愛い!最後の海辺でオバァの横でなくシーン、すごくいいです。見てるほうはつられる。本当に可愛くて綺麗v声もかわいらしくて大好きvビバいもうとv
麻生久美子ちゃん・・一歩ひいた、いい脇役を演じられてなぁと思いました。そしてやはり綺麗な方ですねぇ~
00:19 : 映画トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。