• « 2017⁄07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

☆読書の秋☆

乙一著:「銃とチョコレート」を読んでいます。

読書の秋ですね。

言葉そのままなんですが、秋になると本が読みたくなります。。

本は、ほぼ、風呂場で読みます。
半身浴をしながらです。
本をぬらさず読むのも慣れたものです。
夏は熱すぎて耐え切れないので、ちょっと涼しくなってきた秋になると自然とそうなります。。
そして冬になった頃には、読書に飽きてくるの(^_^;)。。
なので、この時期を含め、年に5・6冊読めれば、いいほう。。
少ないですね。。
世の中に多くの本が出回っている時代に。。

これでも昔に比べたら、読むようになったほう。。
根っからの読書嫌いなので、小中高の読書感想文は、あらすじのみでのり越えてきました(笑)

風呂場で読むようになったのは、江國香織・辻仁成著:「冷静と情熱のあいだ」を読んでから。
江國さん版で書かれていた、主人公のあおいさんが2時間くらい風呂場で本を読んでいるくだりに影響されたからです。
一人暮らしのときは、意味なく、風呂場で二時間くらい本読んでました(笑)。今、そんな事したら、おかんに怒られる(^_^;)


「冷静と情熱のあいだ」、大好きですv
辻さん版のほうが好きだったなぁ~。 映画はいまいち・・・(^_^;)
これを読んでから、イタリアにめっちゃ行きたくなったv
いつか絶対行くvフィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、絶対行くv




続きより乙一先生話。。

「銃とチョコレート」
  
     syame3.jpg


ぶあつい。。
374Pもあって、真剣へこむよ。。
でも、相変わらず、乙一先生らしく、読みやすい♪
主人公が11歳なので、ところどころ普通は漢字で書かれている文字がひらがなで書かれているので、読みづらいと思うけど、まぁね、それは仕方ないでしょうね。小学生の子には、読みやすいと思う。。

内容は、まだ半分までしか読んでいないので、これから・・・(^_^;)
表現がとても乙一先生らしい。第一人称、乙一先生の定番ですね。個人的には、この方が読みやすくてすきですv
美味しそうな名前がいっぱいなので、チョコが食べたくなります。。

挿絵が、平田秀一さん。イノセンス等で美術監督を務められている方です。とても緻密で素敵v
     syame4.jpg


でも、上の挿絵以外は、けっこう不気味なのが多い・・ちょっと怖い・・(*_*;

乙一先生、仕事の幅をどんどん広げて、いろいろな方と一緒にお仕事されていますねぇ~♪
00:35 : TVと本とファショントラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。